一般社団法人 岡山県産業廃棄物協会

〒701-1152
岡山県岡山市北区津高628-6
TEL086-254-9383
FAX086-254-8766

Okayama Japan Industrial Waste Association

新着情報

2018-1-23
岡山東支部の環境クリーン作戦が瀬戸内市邑久町庄田の県道227号沿線で実施され、参加者47名で約1.5トンの投棄物を回収しました。クリーン作戦には裳掛け小学校の生徒・先生17名も参加し、作業終了後に同小学校で環境学習を実施しました。
2017-11-21
倉敷支部の環境クリーン作戦が倉敷市玉島道口・陶地内で実施され、参加者36名で約1.2トンの投棄物を回収しました。
2017-11-14
津山支部の環境クリーン作戦が久米郡美咲町のやまなみ街道周辺で実施され、参加者47名で約9トンの投棄物を回収しました。
2017-11-09
備北支部新見地域の環境クリーン作戦が新見市草間の高梁川河川敷で実施され、参加者13名で約2トンの投棄物を回収しました。
2017-11-07
井笠支部の環境クリーン作戦が浅口市鴨方町六条院西の山中で実施され、参加者30名で約30トンの投棄物を回収しました。
2017-11-07
岡山西支部・中央支部合同の環境クリーン作戦が岡山市南区の金甲山・貝殻山周辺で実施され、参加者109名で約13トンの投棄物を回収しました。
2017-10-28
倉敷南支部の環境クリーン作戦が倉敷市福江の福林湖周辺で実施され、参加者56名で約2トンの投棄物を回収しました。
2017-12-21
平成29年度労働安全衛生活動アンケート調査の実施について (PDF)
2017-12-16
津山支部理事の田口芳美様が岡山県知事表彰(環境おかやま大賞)を受賞されました。おめでとうございます。
2017-11-17
前副会長の室山宣英様が環境大臣表彰を受賞されました。おめでとうございます。
2017-10-10
平成29年度ヒヤリハット調査のお願い(PDF)

届出手続

◆変更届

会員の方が次の事項を変更したときは、速やかに変更届を事務局あて提出してください。(定款第12条関係)

  • 住所の変更(法人にあっては主たる事務所の所在地)
  • 氏名の変更(法人にあっては名称又は代表者の氏名)
  • 業種の変更、許可の種類の変更
  • 電話番号、FAX番号の変更
  • 連絡先の住所、名称、担当者、電話番号、FAX番号の変更
  • その他会員名簿に登録した事項

変更届様式 (PDF資料はこちら)(word資料はこちら)

◆退会届

会員の方が協会を任意に退会しようとするときは、退会の日の30日前までに退会届を事務局あてに提出してください。(定款第8条関係)

退会届様式 (PDF資料はこちら)(word資料はこちら)

証明願(災害廃棄物処理支援事業関係)

会員の方が岡山県と協会で締結している協定に基づき、災害廃棄物処理の支援事業に従事する者であることを証明してほしいときは、証明してほしい時点(審査基準日)を明らかにし、証明願を事務局あてに提出してください。事務局では内容を審査した後、証明書を発行します。事務処理には数日を要しますのでご了承ください。

証明願様式 (PDF資料はこちら)(word資料はこちら)

委託契約書(標準様式の入手)

協会では、会員の方に全国産業廃棄物連合会が発行している「産業廃棄物収集・運搬委託基本契約書」、「産業廃棄物処分委託基本契約書」、「産業廃棄物収集運搬及び処分委託基本契約書」の様式を電子ファイルで提供するサービスをしています。ご希望の方は、事務局あてにメールで申し込みください。

委託契約書電子ファイル申込方法
  • メールタイトルは、「産業廃棄物処理委託契約書標準様式電子ファイル希望」としてください。
  • メール本文に、申込者の住所、氏名、代表者、電話番号及び送付先アドレスを記入してください。
  • 協会メールアドレスあてに送信してください。

協会メールアドレス»お問い合わせ

研修会

◆研修会開催計画

平成29年度研修会開催計画 (PDF)

◆研修会配布資料

平成29年度 産業廃棄物管理者研修会 法令研修資料 (PDF)

平成29年度 実務担当者研修会資料 (PDF)


優良認定制度

優良認定制度とは、優れた能力及び実績を有する産業廃棄物処理業者が、更新許可申請の際に受けることができる制度で、認定された業者は許可証に優良マークが表記され、許可期限が5年から7年に延長されます。また、優良認定業者の情報はインターネット上で広く公表され、排出事業者が優良認定業者に産業廃棄物の処理を委託しやすい環境となります。優良認定を受けるには、廃棄物処理法に規定する優良基準に適合する必要があります。優良基準には「遵法性」、「事業の透明性」、「環境配慮の取組」、「電子マニフェスト」、「財務体質の健全性」の5項目があり、項目によっては準備に1年余りかかるものもありますので、計画的な準備が必要となります。
協会では、会員を対象とした説明会等を開催し、会員企業の優良認定を進めています。

岡山県優良産廃処理業者認定制度の手引き »岡山県リンク
産廃情報ネット、優良産廃ナビ »振興財団リンク

電子マニフェスト加入者情報検索 »振興センターリンク

労働安全衛生

産業廃棄物処理業の労働災害は、他の業種に比べ発生の頻度が高く重症度も高いことから、(公社)全国産業廃棄物連合会のもと、全国の都道府県協会と連携して、労働災害防止活動に取り組んでおり、当協会も労働災害防止計画を定め計画的に安全衛生事業を実施しています。会員の方は、先ずは協会が提供する情報を見てください。そして、研修会、ヒヤリハット調査に参加する等、でできることからやってみてください。小さな取り組みでも団体として取り組むと大きな成果となります。


◆労働災害防止計画

協会では、平成29年度から3か年の労働災害防止計画を定め、平成31年における労働災害の死傷者をゼロ、休業4日以上の死傷者数を現況の20%削減を目標に掲げ、計画的に安全衛生事業に取り組んでいます。会員皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
平成29年度労働災害防止計画 (PDF)

◆研修会の開催

協会では、会員を対象に労働安全衛生に関する研修会を開催しています。教育研修の場、情報収集の場としてご参加ください。
平成29年8月8日 産業廃棄物管理者研修会 安全衛生研修資料 (PDF)

◆ヒヤリハット調査

協会では、ヒヤリハットの事例を集め、その結果を会員にフィードバックすることで、労働災害の未然防止に役立ててもらう目的で調査を実施しています。会員皆様の調査への協力と調査結果の活用をお願いします。
平成27年度ヒヤリハット調査結果 (PDF)

◆普及啓発

協会では、全国産業廃棄物連合会作成のパンフレット等を配布していますので、各社でご活用ください。また協会では、会員企業における労働安全衛生の取組状況を確認するため、チェックリストを活用していただき、年1回のアンケート調査にご協力ください。
労働災害防止に向けた取組状況チェックリスト (PDF)

◆産業廃棄物処理業における安全衛生の取組

全国産業廃棄物連合会では、重点事業の一つとして労働安全衛生事業に取り組んでおり、産業廃棄物処理業者向けの情報を発信していますので、会員企業における取組の参考としてください。
連合会安全衛生サイト »連合会リンク

災害廃棄物処理支援事業

◆災害廃棄物処理に関する協定

協会は、平成17年7月8日に岡山県と「災害時における廃棄物処理の協力に関する協定」を締結し、県を通じて要請のあった被災市町村の災害廃棄物処理の支援事業に取り組むこととしています。
協定書 (PDF)

◆災害廃棄物に関する廃棄物処理法の改正

平成27年8月の廃棄物処理法改正により、協会は災害廃棄物処理の事業主体である市町村から処理を受託し、会員に再委託して実施することができ、また会員等が設置している産業廃棄物処理施設による災害廃棄物の処理に係る法手続きにも特例が設けられるなど、協会が県との協定に基づく災害廃棄物処理の支援事業を実施しやすい環境が整ってきました。
協会では、平成28年3月に県が策定した「岡山県災害廃棄物処理計画」に沿って、岡山県、市町村等と連携し、協定に基づく災害廃棄物処理支援事業を迅速かつ適正に実施することとしています。
法改正の概要 (PDF)
岡山県災害廃棄物処理計画 »リンク

◆協会における災害廃棄物処理支援事業

協会における災害廃棄物処理支援事業の概要は、次のとおりとなっています。 事務局から災害廃棄物処理の協力依頼や調査依頼がありましたら、ご理解ご協力をお願いいたします。 なお、協会では、現在関係機関と連携して災害廃棄物処理支援事業に関するマニュアル作りに着手していますので、追ってお知らせします。
協会における災害廃棄物処理支援事業の概要 (PDF)

»HOME

ページのトップへ戻る